少しだけ毎日が嬉しくなるような、普段使いのものたち | mamerucu(マメルク) mamerucu(マメルク)では、帆布バッグを中心に、生活回りの小物などを、一点一点手作りしています。目にうつった時、手にした時、いつもよりちょっと心が浮き立つようなエッセンスの入ったものづくりを心がけています。ワクワクのエッセンスを日常に…!

好きなもの

今日も思いつきで書いてみる

 

 

ぼくが つきをみると

つきも ぼくをみる

かみさま つきを おまもりください

かみさま ぼくを おまもりください

 

 

マザーグースのうたの中でもいちばん好きなやつ。

 

小さい頃、屋根裏部屋があって

お父さんのふたりの妹が使っていた。

日曜日の朝にはビートルズが流れてくるような、感じのいい屋根裏部屋。

 

屋根裏部屋にいくと、「マザーグースのうた」が本棚に並んでいて

気に入ってよく読んでいた。

 

斜めになった低い天井。

昔の薄くてきれいなガラスがはまった木枠の可愛い窓。

大きな木製のレコードプレイヤーとスピーカーのセット。

そんな場所で読むマザーグースは、小さい私には異次元の世界のようだった。

 

ちょっと怖いうたも結構あって、そのちょっと怖い感じがとても魅力的だった。

怖かったり物悲しかったり、そういう感じも大切にしているように思う。

 

ちょっと思いつく自分の好きなものを書いてみよう。

 

かに座だからかな?お月さまが好き。

パキッとまっすぐな明るいものよりも少し翳りのあるものが好き。

もの悲しい音が好き。

ピアノよりもオルガンやアコーディオンが好き。

ゴールドよりもシルバーが好き。

夏よりも春よりも秋が好き。

晴れた日に行く遊園地よりも、雨の日の水族館が好き。

 

 

あぁ、そうか。

懐かしい感じがするからだ。

誰でもきっと持っている気がする。

明るいばかりじゃなくて。

隙間の世界。

隙間の世界はお月さまが照らすのかもね。

 

時々ちゃんと隙間の世界もみてあげよう。

ぜんぶ大切なわたしのカケラ。

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

関連情報

    心が浮き立つようなハンドメイド雑貨|mamerucu(マメルク)

    少しだけ毎日が嬉しくなるような、普段使いのものたち | mamerucu(マメルク)

    mamerucu(マメルク)では、帆布バッグを中心に、生活回りの小物などを、一点一点手作りしています。目にうつった時、手にした時、いつもよりちょっと心が浮き立つようなエッセンスの入ったものづくりを心がけています。ワクワクのエッセンスを日常に…!

    屋号 mamerucu
    住所 〒581-0874
    大阪府八尾市教興寺7-93
    電話番号 090-3829-2939
    営業時間 メールでのお問い合わせ:24時間
    定休日:土日祝日
    代表者名 小田切 真由美
    E-mail info@mamerucu.com

    コメントは受け付けていません。

    少しだけ毎日が嬉しくなるような、普段使いのものたち | mamerucu(マメルク) mamerucu(マメルク)では、帆布バッグを中心に、生活回りの小物などを、一点一点手作りしています。目にうつった時、手にした時、いつもよりちょっと心が浮き立つようなエッセンスの入ったものづくりを心がけています。ワクワクのエッセンスを日常に…!

    090-3829-2939

    メールでのお問い合わせ:24時間
    定休日:土日祝日