少しだけ毎日が嬉しくなるような、普段使いのものたち | mamerucu(マメルク) mamerucu(マメルク)では、帆布バッグを中心に、生活回りの小物などを、一点一点手作りしています。目にうつった時、手にした時、いつもよりちょっと心が浮き立つようなエッセンスの入ったものづくりを心がけています。ワクワクのエッセンスを日常に…!

エネルギー…みたいなこと

今日のおやつ

 

最近はお腹がへる。

食欲が珍しく、ある。

だからお茶の時間にけっこうしっかりとしたおやつが必要。

 

今日は朝のうちに小豆を炊いておいたので

岩本忠美さんの器で、ぜんざいをいただくことにしました。

 

 

湯呑みは弟の手によるもの

 

 

SHELF」さんでの宮下香代さんとの二人展の時に散々悩んで選んだ漆器。

 

ひとつひとつ木を削って出来上がったかたちや、ぴかぴかでつるつるではないあたたかな漆は、目で見ても愛らしいし、手のひらで包むとほっこりとした安心感があって、漆器デビューすることに決めたのです。

 

機械的な均一な「まる」ではなくて、ほんの少しだけ縦横の直径を変えてあったり、上下左右でお椀の厚みを変えてあったり、目が自然な「まる」に見えるように作られているお椀。

 

使うたびに勝手に大切に扱います。

 

 

 

ものをつくるということは

 

お話をうかがっていて共感することもたくさんありました。

 

「理想のかたち」にするための、微妙な加減。

自分の感覚でしかない「この感じ」。

他の人が見たら違いなんてわからないかもしれないけど、自分が「なんか違う」と感じるものは嫌なんだとおっしゃっていたことも。

ぴたっと自分の感覚にあうものを、自分の感覚ぜんぶを使ってうみ出していく作業には、見えないけれど、絶対に想いがこもると思います。

 

想いがこもるといっても重たいものではなくて。

なんというか、エネルギー…みたいなものが変わると思っています。

 

 

なんとなく感じていることを書けそうな気がしていたけど、文章にするのはむずかしい…

 

ものをつくるということは、単に「もの」をつくるのではなくて。

いっしょに見えない何かがうまれているように感じます。

 

それが優しい何かだったら嬉しい。

優しい何かを纏ったものであって欲しい。

そういうものをつくりたい。

おやつでもご飯でもバッグでも、時間でも。

 

中途半端になってしまったけど、今の覚え書きとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

心が浮き立つようなハンドメイド雑貨|mamerucu(マメルク)

少しだけ毎日が嬉しくなるような、普段使いのものたち | mamerucu(マメルク)

mamerucu(マメルク)では、帆布バッグを中心に、生活回りの小物などを、一点一点手作りしています。目にうつった時、手にした時、いつもよりちょっと心が浮き立つようなエッセンスの入ったものづくりを心がけています。ワクワクのエッセンスを日常に…!

屋号 mamerucu
住所 〒581-0874
大阪府八尾市教興寺7-93
電話番号 090-3829-2939
営業時間 メールでのお問い合わせ:24時間
定休日:土日祝日
代表者名 小田切 真由美
E-mail info@mamerucu.com

コメントは受け付けていません。

少しだけ毎日が嬉しくなるような、普段使いのものたち | mamerucu(マメルク) mamerucu(マメルク)では、帆布バッグを中心に、生活回りの小物などを、一点一点手作りしています。目にうつった時、手にした時、いつもよりちょっと心が浮き立つようなエッセンスの入ったものづくりを心がけています。ワクワクのエッセンスを日常に…!

090-3829-2939

メールでのお問い合わせ:24時間
定休日:土日祝日